不正出血の原因について

不正出血とは、月経・分娩などの正常な時期以外で起こる女性器からの出血の総称です。大量の鮮血が出るような出血はもちろんのこと、おりものに少量の血が混ざっているような出血も、不正出血です。
不正出血には、膣や子宮、卵巣などに何らかの病気があるために出血する「器質性出血」や、病的な原因はなく、ホルモンバランスの乱れによっておこる「機能性出血」、また、中には心配のない不正出血もあります。不正出血がある男性はシアリスを服用するのも少し危険ですので、服用する前に、ぜひお医者さんとご相談ください。

病気が原因の器質性出血:
炎症や傷など、子宮・卵巣・膣といった内性器に物理的な病変があり、そこから出血しています。代表的な病気には、子宮筋腫、子宮内膜症、膣炎、子宮膣部びらん、子宮頸管ポリープ、子宮頸がん、子宮体がんなどがあります。膣炎や子宮膣部びらん、子宮頸管ポリープなどがあると、性交時に出血することが多くなります。

ホルモンの乱れが原因の機能性出血:
性器に物理的な疾患はなく、ホルモン分泌の異常など生殖機能の不調が原因で、子宮内膜を堅持しきれず、月経以外の時期に出血を起こしています。ダラダラと出血が続く無排卵月経や、生理前に少量の出血が続く黄体機能不全などがあり、脳下垂体や卵巣など、ホルモンの分泌に関係している器官の働きが落ちているなどのトラブルが考えられます。

月経と月経のあいだに出血する中間期出血:
生理と生理の間の排卵期に、卵胞ホルモンの分泌が一時的に低下するために起こる出血です。中間期出血自体は病気ではありませんが、気になるときは基礎体温をつけて出血の時期を確認しましょう。

その他の出血:
妊娠すると、初期に少量の出血が起こることがあります。今月の月経は量が少なめと思っていたら、妊娠していたということも。また、数は少ないのですが、甲状腺ホルモン異常の病気などが関係して不正出血や無月経、過少月経などが起こることもあります。

オススメサイト情報

正しい媚薬を探す

レビトラ10mgと20mgの違いをご紹介
ペニスに塗布することで、感度が下がり刺激に強くなるため挿入時間が長続きする効果があります。手軽で即効性のある早漏対策です。有名なものには日本メーカーが生産している男性ホルモン軟膏の「トノス」があります。
バイアグラの成分を体の中で十分で発揮するため、食事前服用したほうがいいです。そうするなら、バイアグラの効果は一番即効で、安全です。

媚薬購入する前に、正規品媚薬購入サイトで色々な情報を収集することは大切です。本正規品媚薬購入サイトでは、媚薬の関連知識を掲載しております。